甘いお菓子はおいしい

チマチマと進めてたカグラEVがようやく終わりました。
色々良いキャラがいましたがやっぱり僕は飛鳥が一番好きになりましたね。
あの明るく熱血な感じにはとても元気づけられます。
今回の話しには明確な主人公というものはなかったですが、リョウビとリョウナがメインの話しでしたね。
ラストはちょっと感動的でした。
個人的にはママしゃまとの別れの話しと、その後のミヤビの成長が一番熱い展開だと感じましたね。

最初はSVに比べて大分変化してしまった操作性に戸惑いましたが、慣れてくると気にならなくなりました。
キャラクターも沢山増えて、色んなきゃらいを使うのが楽しかったです。
ストーリーは紅蓮>SV>EVという感じですかね。
後自分ができるもので残るはカグラ2のみになりました。
こちらもまたいつか手を出してみましょう。

システムボイスは飛鳥に設定してましたが、最後はリョウキお姉ちゃんに変更しました。
ばっちゃんは操作できるようになるのでしょうか。
あのおばあさんのシステムボイスがあれば聞いてみたいものですね。
百貨動乱記はまた今度やることにします。
まだ全部も出てないし、ヤグラ破壊も大変なので今回はフルコンプはしないでしょう。

だだだだだだだだだだだだだだだだだだだだこねる

前回は色々と不満点を書いてしまいましたが、それなりに慣れてきました。
最初は困惑したダッシュ操作なんかも問題なく使えています。
ただ結構キャラによって使いやすさが大きく違いますね。
今回の硬直多めな仕様のせいか、スピードタイプのキャラはかなり強い木がします。
特に日陰はものすごく強化されているように感じました。
あとは単純に操作してて楽しいですね。
それから、なかなか攻撃を当てにくいゲームなので遠距離攻撃が出来るキャラも強キャラ揃いだと思います。

メインストーリーは4日目まできました。
少しだけシリアス度が増してきたように思います。
やっぱり飛鳥のアツい前向きさが良いですね。
半蔵と紅蓮隊のやりとりがとても好きです。
月閃もなかなかですが、未だに真蛇女はあまり印象に残りません。

とりあえずこれで半分は終了といった所でしょうか。
割と難易度は高くなってくるっぽいので気を引き締めていきたいですね。
色々とストーリーも重たいものが見えてきたので、これからの展開が楽しみになってきました。
やはりこの忍の盆踊りというものの真相が一番気になりますね。
今後も少しずつ進めていきましょう。

のっちは超ゲーマー

ようやくVitaのメモリーカードを買うことができました。
あまり沢山のゲームはやらないので16GBのやつを購入しましたが、それでも結構高かったです。
Vitaのメモカは本当に値段的に辛いものがありますね。
64GBに至っては1万いってました。
まぁ、カグラほどヤバいデカさんのパッチなんて滅多にくることないと思いますし、16GBでも大丈夫でしょう。

さて、カグラシリーズもこれでプレイ3作目となります。
えーっと正直な感想を書こうと思うのですが、若干否定的な事を言うと思うので少しだけご注意ください。
なんというか、PBSであーゆー路線になってたことの意味がようやく分かりました。
EVからもう路線変更は始まっていたのですね。
正直もうちょっと事前に情報みとけばよかったかなーと思いました。

まずシステムからですが、アクションはSVの時よりかなり劣化しています。
初めてダッシュした時の制限の多さにはマジで驚きました。
なんか車を操作してるような感覚でとても違和感があります。
攻撃も距離感がつかみにくく最初は空振り連発しますし、何より色んな行動で硬直が発生するのが衝撃的でしたね。
あと百花騒乱記が初期から解放されておらず、寄り道してヤグラをぶっこわさなければならなくなったのも微妙な所です。

次にストーリーの不満点、というかここは完全に好みの問題ですね。
紅蓮とかSVの少年マンガ的な王道シリアス展開が好きだった自分としては、EVのお色気十四なノリがちょっと合わないようです。
ADVパートも、そこADVでやる必要あるか? と思ったりもしました。
あとはキャラの視点も変わりまくり、各勢力で同じ流れの話しを繰り返したりと、会話スキップしたくなる要素が多いです。
両備両奈関連ではシリアスはありそうなので、そちらに期待しましょう。

不満点ばかりではアレなので良いと思った所も。
やはりキャラゲーとしてはとても素晴らしく、特に新キャラは皆可愛いし面白いです。
飛鳥のばっちゃんとかもいい味を出していますね。
後はお色気目当てで買った方であれば満足することは間違いないでしょう。
そこら辺に関しては超絶パワーアップをしています。

好きなゲームだしちゃんとクリアはしますが、正直この路線が続くなら今後のシリーズは買わなくて良いかなと思うくらい気分的には落ち込みました。
アクションと今までのキャラを楽しみつつ、ストーリーが面白くなってきたらちゃんとテキストも読もうと思います。
アクションゲームですし、毎日ちょびちょびやっててもその内クリアできるでしょう。